マーケティングの基本

Webサイト制作会社を選ぶときのポイント

Webサイトを制作する場合、制作会社に依頼することがほとんどだと思います。
その場合に、どのような業者に依頼するのが良いでしょうか。

多くの場合、Webサイトの制作会社は「知り合いの紹介」とか「安かったから」といった理由で選ばれています。

このようないいかげんな理由で制作会社を選んでしまっていることが、Webサイト制作における失敗の大きな理由になっています。

デザインとマーケティングは全く別の分野

考えてみると当たり前のことですが、ほとんどの制作会社はWebシステムの制作やデザインは専門でも、マーケティングは専門ではありません

ですから、
「問い合わせにを獲得できるコンテンツ作成」
「成約率が高くなる仕組みの作り方」
「お客さんを惹きつけるコピーの書き方」
などは考えてくれません。

そのような制作会社に依頼すると、見た目のきれいなWebサイトや、使いやすいシステムのあるWebサイトは作れますが、Webサイトから売上につながることはありません

デザインやシステムがよければ、制作費も高くなります。
デザインセンスはとてもよくても、お客さんが全然集まらないWebサイトがたくさんあるのは、このような制作会社に依頼してしまっているからです。

Webサイトから売上を上げたいなら、マーケティングまで考えてくれる制作会社を慎重に選ぶようにすることが大切です。

Web制作会社の選び方

では、Web制作会社を選ぶときの基準をお伝えします。

上記のとおり、マーケティングのことまで考えてくれるというのが基本です。
あなたは商品やサービスを売るためにホームページを持とうとしているわけですから、見積もりや相談のときにデザインやシステムの話ばかりが出てくる場合は要注意です。

「どのように商品を売りたいのか」
「商品を売るためにWebサイトをどう活用したいのか」
など、マーケティングに関することを確認してくれるか、注意深くチェックしましょう。

また、Webサイトをお客さんに見てもらうためには、キーワード検索で上位表示されることが必要になります。

上位表示されるための検索エンジン最適化(SEO対策)をしてくれるかどうかも重要な基準です。

制作実績を見せてもらい、制作のポイントを聞いてみましょう。
そこで、明らかに売上を上げることを目的としたホームページのはずなのにマーケティングの観点から話がでてこないという場合は、その制作会社は避けたほうが良いでしょう。

初めにお伝えしたように、マーケティングまで考えてやっている制作会社はまだ少ないのが現状です。

よいWeb制作会社を見つけるためには、根気よく、複数の制作会社をあたってみることも必要です。
相見積もりをとって一番安いところに、としてしまうのでなく、実際に作ったあとに売上につながるかどうかが重要だということを忘れないようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. SNSで「認知度アップ」の正しい考え方
  2. 業界の不都合な真実を利用したマーケティング
  3. 文章を書くのが苦手なあなたへ
  4. 基本はお客さんとのコミュニケーション
  5. 「地域密着型の社長」が地方都市の衰退を引き起こす

関連記事

  1. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!

    商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよ…

  2. マーケティングの基本

    ネット集客はメルマガから始める

    メールマガジンは、ネットビジネスにおいては必須のツールです。メ…

  3. マーケティングの基本

    インターネットを使えば売れないものも売れる?

    「Webサイトで集客して売上が**%アップ!」 「ネットショップを…

  4. マーケティングのヒント

    エレベーターピッチの作り方

    あなたは、あなたの商品・サービスを30秒で的確に説明できますか?…

  5. マーケティングの基本

    お客さんとの関係づくりこそが最優先

    お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    経営者は「やらないこと」を決める
  2. マーケティングのヒント

    お客が来なくなった…さあ、どうする?
  3. マーケティングのヒント

    セルフイメージを変えるには
  4. ブログマーケティング

    ブログのテーマは「絞り込み」が重要
  5. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング
PAGE TOP