マーケティングの基本

インターネットにも広告費をかけていますか?

「Webサイトを作ったけれど、全く売上につながらない」とお悩みの中小企業の社長さんはとてもたくさんいます。

そんな社長さんに「インターネットで広告を出していますか?」と聞くと、ほとんどの社長さんは「出していません。」と言われます。

ほとんどの社長さんは、「Webサイトさえ作れば勝手にお客さんがやってくる」と考えているようです。

ビジネスですから、広告を出してお客さんを集めるのは当たり前のことですよね?
でもなぜかインターネットになると、広告を出さなくても結果が出ると思ってしまうようです。

インターネットの集客も広告費をかけましょう

確かにインターネットでは広告費をかけずにお客さんを集めることも可能ですし、それを目的としてWeb集客を始めたという方も多いでしょう。

しかしそのためには、検索エンジン対策をしたり、メルマガ読者をたくさん集めたり、良いブログ記事を書き続けたりする必要があります。

つまり、無料でお客さんを集めるためにはかなりの時間と労力を必要とします
その努力をせずに、Webサイトにお客さんを呼んでくるのは不可能だと思ってください。

Webサイトで売上を上げたいのなら、普通のビジネスと同様に広告費をかけなければいけません

しかし広告費をかけるとはいえ、テレビや雑誌の広告比べれば、インターネットの広告はまだまだかなりの割安になります。
少額からテストできるのも良い点ですから、広告を出してみて効果が出るとわかったものに重点的に広告費を投じていくようにしましょう。

広告費をかけるだけでなく、その先も考える

もちろん、Webサイトをただお客さんに見せれば売上が上がるわけではありません。

Webサイトを見てくれたお客さんが、商品やサービスを利用したくなるような仕組みが必要です。
むしろ大切なのはその仕組みの方で、仕組みがあってこそ、そこに広告費をかけてアクセスを集める意味があります。
お客さんが利用したくなる仕組みがないのに広告費をかけてしまっても無駄になるだけです。

順番としては、

  1. Webサイトから売上をあげる仕組みを作る
  2. そこから売上が上がるか小規模なテストをする
  3. 売上が上がることがわかったら広告費を大きく投下する

という流れになります。

売上が上がることがわかっていれば、大きく広告費をかけることもできるはずです。
テストをしていけば、いくら投じればいくらになって返ってくるかの計算もできるようになってきますから、先が読めるようになります。
ぜひ、この順番で取り組んでみてください。

ピックアップ記事

  1. Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  2. 知識ビジネスにおけるお金の使い方
  3. インターネットにも広告費をかけていますか?
  4. アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!
  5. ビジネスの「仕組み化」を考えるとき

関連記事

  1. マーケティングの基本

    お客さんとの関係づくりこそが最優先

    お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗…

  2. マーケティングの基本

    インターネットを使えば売れないものも売れる?

    「Webサイトで集客して売上が**%アップ!」 「ネットショップを…

  3. マーケティングの基本

    基本はお客さんとのコミュニケーション

    Web集客は少ない予算で成果を出せることが魅力です。それには、一人…

  4. マーケティングの基本

    インターネットで売るときの「壁」を乗り越えるには

    前回、もともと売れる商品ならインターネットを活用することで売れるように…

  5. マーケティングのヒント

    エレベーターピッチの作り方

    あなたは、あなたの商品・サービスを30秒で的確に説明できますか?…

  6. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!

    商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    マーケティングは、基本 × 最先端=最大の効果
  2. マーケティングの基本

    Webサイトを持つ目的はなんですか?
  3. SNS・動画マーケティング

    SNSで「認知度アップ」の正しい考え方
  4. マーケティングの基本

    基本はお客さんとのコミュニケーション
  5. マーケティングのヒント

    「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP