マーケティングの基本

Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

あなたの会社のWebサイトを見てくれた人には、あなたがその分野での専門家であると思ってもらう必要があります

専門家とわかってもらうために、Webサイトに専門用語をたくさん使ったらよいかというと、そうではありません。

できるだけわかりやすい、平易な言葉を使って書くべきです。

Webサイトの専門用語は言い換える

Webサイトを見てもらうターゲットが専門家であることが確実なら、専門用語がたくさん使われていても問題ありません。
しかし普通の人が対象であるならば、わかりやすい用語に置き換えて書きましょう

たとえば、Webマーケティングをテーマとした記事では、「SEO対策」「ランディングページ」「見込み客」などの用語はそこそこ知られてきていますが、

LPO対策があなたのWebサイトを変える!」

と書かれていたら、専門用語を知らなければ何の話かわからないでしょう。

「Webサイトの成約率を高めるための対策」

というような、専門用語がわからなくても何が言いたいのかがわかる書き方をすることが必要です。

この例の場合、“LPO対策”という言葉を使う必要があるなら、その後に「これをLPO対策といいます」というように説明を加えてください。

あなたのWebサイトは大丈夫?

売上の上がっていないWebサイトやブログをみてみると、その業界の専門用語がたくさん使われていることがよくあります。

わからない言葉の羅列は読んでいて苦しいので、ほとんどの人は読むのをやめてしまいます。

書いている側にとっては普通の専門用語でも、見てくれる一般の人は専門用語は知りません。

難しい言葉を専門用語を使わずに、わかりやすい言葉に置き換えて伝えているサイトは、読んでくれる人も多いです。
読む人のことを考えて、文章を書くようにしましょう。

あなたの会社のWebサイトは、わかりにくい専門用語が多くありませんか?

専門用語をわかりやすい言葉に書き換えるだけで、売上アップにつながることは十分に考えられます。

ピックアップ記事

  1. 一つのメッセージを明確に伝える
  2. 失礼な名刺交換、してない?
  3. 集客したい”理想のお客さん”を決める方法
  4. Webページで成約率アップするには?
  5. 遠くに行くことは、ある種の魔法である

関連記事

  1. マーケティングの基本

    集客したい”理想のお客さん”を決める方法

    ブログ集客では「テーマを一つに決める」ということが大切です。あ…

  2. マーケティングの基本

    デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  3. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ…

  4. マーケティングの基本

    インターネットを使えば売れないものも売れる?

    「Webサイトで集客して売上が**%アップ!」 「ネットショップを…

  5. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!

    商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. ブログマーケティング

    集客用ブログシステムの選び方
  2. マーケティングのヒント

    自腹を切って「学び」に投資する
  3. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング
  4. マーケティングのヒント

    エレベーターピッチの作り方
  5. マーケティングのヒント

    ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス
PAGE TOP