Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

あなたの会社のWebサイトを見てくれた人には、あなたがその分野での専門家であると思ってもらう必要があります

専門家とわかってもらうために、Webサイトに専門用語をたくさん使ったらよいかというと、そうではありません。

できるだけわかりやすい、平易な言葉を使って書くべきです。

Webサイトの専門用語は言い換える

Webサイトを見てもらうターゲットが専門家であることが確実なら、専門用語がたくさん使われていても問題ありません。
しかし普通の人が対象であるならば、わかりやすい用語に置き換えて書きましょう

たとえば、Webマーケティングをテーマとした記事では、「SEO対策」「ランディングページ」「見込み客」などの用語はそこそこ知られてきていますが、

LPO対策があなたのWebサイトを変える!」

と書かれていたら、専門用語を知らなければ何の話かわからないでしょう。

「Webサイトの成約率を高めるための対策」

というような、専門用語がわからなくても何が言いたいのかがわかる書き方をすることが必要です。

この例の場合、“LPO対策”という言葉を使う必要があるなら、その後に「これをLPO対策といいます」というように説明を加えてください。

あなたのWebサイトは大丈夫?

売上の上がっていないWebサイトやブログをみてみると、その業界の専門用語がたくさん使われていることがよくあります。

わからない言葉の羅列は読んでいて苦しいので、ほとんどの人は読むのをやめてしまいます。

書いている側にとっては普通の専門用語でも、見てくれる一般の人は専門用語は知りません。

難しい言葉を専門用語を使わずに、わかりやすい言葉に置き換えて伝えているサイトは、読んでくれる人も多いです。
読む人のことを考えて、文章を書くようにしましょう。

あなたの会社のWebサイトは、わかりにくい専門用語が多くありませんか?

専門用語をわかりやすい言葉に書き換えるだけで、売上アップにつながることは十分に考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ利益を生み出す!仕組みづくりの秘訣

無料メール講座

これからWebマーケティングを始めたい
あなたをサポートする会員限定メール講座
無料でプレゼント

今なら、こんな限定コンテンツがもらえます

「マーケティング」の基本を5日間で学ぶ
“今すぐ利益を生み出す!仕組みづくりの秘訣”

「集客」の悩み…そろそろ解放されたくないですか?

少ない予算で継続的に集客し続けるための仕組みがほしい…

集客ってどうやるの?そもそもマーケティングってなに?

小規模ビジネスが取り組むべきマーケティング理論の鉄則

基本中の基本からわかりやすくお伝えいたします。

「マーケティング」の鉄則を知ると、何をするべきなのか明確になります。
1日に少しずつお届けしますので、空いた時間に5〜10分の時間を取って読むことができます。

  • 小さな会社の経営者

  • 士業・コンサルタント・講師・コーチ

  • 店舗ビジネスのオーナー

  • 起業したばかりの方・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、
どうやって集客すれば良いのかわからない方、そして
マーケティングを根本から見直したい方にピッタリです!

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*