マーケティングの基本

顧客教育のためのステップメール活用法

Web集客で成功したいなら、「顧客教育」が必ず必要です。

顧客教育の目的は、“お客さんにこちらのことを理解してもらうこと”です。

ブログやSNSであなたのことを知った見込み客は、あなたやあなたのビジネスのことを知りません。

あなたのことを知らない状態では、信頼関係がないのでいくらセールスをしても買ってくれません。

顧客教育で、あなたのことを理解してもらい、専門家として信頼してもらえれば、それから先のビジネスはとてもやりやすくなります。

お客さんと接するきっかけができたら、まず始めにやるべきなのは顧客教育です。

ステップメールで顧客教育

顧客教育では、見込み客に知っておいてもらいたいことを全て伝えておく必要があります。

  • あなたのビジネスのこと
  • あなたのこと
  • あなたの商品、サービスのこと
  • あなたの考え方

などを、全て伝えなければなりません。

ここで利用したいのがステップメールです。

ステップメールはメルマガとは違い、一度作成しておいたメールを、決められた間隔で自動配信することができます

例えば7通のメールを作成しておき、1日間隔で7日かけて自動で配信することができるわけです。

顧客教育で伝えなければならないことは、どの見込み客に対しても同じです。

ですから、顧客教育として伝えたいことは、あらかじめステップメールとして作っておいて、どの見込み客にも同じように配信できるようにするわけです。

そうすると手間をかけずに顧客教育ができますし、全ての見込み客に対して同じ情報を共有させることもできます。

ステップメールで顧客教育をするタイミング

ステップメールで顧客教育をするのにベストなタイミングは、ブログからメルマガ登録をしてもらった直後です。

登録してもらったら、自動的にステップメールが配信されるようにセットしておいてください。
これは、「ステップメール」を配信できるメルマガスタンドであれば当然できるようになっているので安心してください。

そして、ステップメールで顧客教育が終わった後に通常のメルマガを配信するわけです。

顧客教育をする前にメルマガを配信してしまうと、ずっと以前から読んでいる人と、たった今登録してくれた人に同じ内容のメルマガが届くことになります。

すると、かなりの知識差があることになるので、同じ情報を共有することができない、といったことにもなります。

これを顧客教育の後にすることで、スムーズにメルマガにつなげることができます。

ステップメールは、最初に作る手間がありますが(ここはけっこう大変です)、一度作ってしまえばその後は自動で働いてくれます。

メルマガを始める前に、顧客教育のステップメールを作ってみましょう!

どうやればいいかわからない方は、私にご相談ください!

ピックアップ記事

  1. 顧客教育のためのステップメール活用法
  2. 事例を集める前に集客の仕組み化が必要
  3. Googleキーワードプランナーの使い方
  4. インターネットを使えば売れないものも売れる?
  5. 経営者は「やらないこと」を決める

関連記事

  1. マーケティングの基本

    お客さんとの関係づくりこそが最優先

    お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗…

  2. マーケティングの基本

    デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  3. マーケティングの基本

    ネット集客はメルマガから始める

    メールマガジンは、ネットビジネスにおいては必須のツールです。メ…

  4. マーケティングの基本

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント

    Webサイトを制作する場合、制作会社に依頼することがほとんどだと思いま…

  5. マーケティングの基本

    Webサイトを持つ目的はなんですか?

    あなたの会社がWebサイトを持つ目的はなんでしょうか?事業の性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. ブログマーケティング

    ブログ記事は要点を1つだけに絞る
  2. マーケティングのヒント

    あなたの商品は、お客の何を解決するのか
  3. マーケティングのヒント

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性
  4. マーケティングのヒント

    マーケティングは、基本 × 最先端=最大の効果
  5. マーケティングの基本

    Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜
PAGE TOP