マーケティングの基本

小さな会社の戦い方は「一点集中型」!

商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよう」としてしまいがちです。
しかし、小さな事業者であるほど、一点集中型でいくべきです。

たとえば、飲食店で「カレーライス」「コーヒー」「アイスクリーム」「海鮮丼」「スパゲティ」などとメニュー並んでいたらどう思いますか?

そもそも何のお店かわかりませんし、どれも中途半端な印象になりますよね?

もし近くにラーメン屋やカレー専門店があったら、そちらに行きたくなるでしょう。
一番売りにしたいものを一つ選びましょう。

お店のウリが複数あると、どれもが霞んで目立たなくなってしまいます。
さらに小さな事業者は、投資できるヒト・モノ・カネなどの資源が限られているため、幅広く手を出せば出すほどどれもが中途半端になってしまいます。

なんでもそろっていてどれもが美味しい店だったとしても、やはり資源を集中して投じている専門店にはかないません。

この話は飲食店に限らず、中小企業や個人事業主などの小さな会社では、限られた資源をどこに集中させるのかはとても重要なことです。

多才で優秀な人ほど陥りやすい罠

小さな会社が成功するためには、なんでも手を出して幅広く揃えようとするよりも、一点集中でやることです。

ある税理士さんの例です。
独立開業を果たしたは良いものの、新規顧客を安定して獲得できずに困っていました。

そこで税理士としてこれまでの受けた仕事を振り返ってみたところ、飲食店からの依頼が特に多いということに気が付きました。

これまで、「税務に関することならなんでもお任せ!」としていたのを、「飲食店専門の税理士です!開業から節税までサポート!」というアピールをするようにし、飲食店専用の料金体系やサービスを開始しました。

Webサイトも「美容室専門の税理士!」と大きく書きました。

すると、これまでは事務所周辺の地域からしか依頼がなかったのが、全国の飲食店から依頼が来るようになったのです。

他の業種からの依頼は今までどおりで飲食店からの依頼が増えたため、新規顧客を多く獲得できるようになりました。

他のこともできるとしても、それはそれで受ければよく、集客はどれか一つに絞って集中するほうが大きな結果を出すことができます

なんでもできてしまう優秀な人や会社ほどたくさんのことに手を出してしまいがちです。
また、お客さんのためになりたい、喜んでもらいたいと思う優しい人も、どんなお客さんでも対応してあげないと、と思ってしまいがちです。
どの分野に資源を集中させるべきなのか、よく検討しましょう。

ピックアップ記事

  1. SNSで「認知度アップ」の正しい考え方
  2. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  3. 「逃げ恥」に学ぶマーケティング
  4. 忙しいのに儲からない、その最大の原因
  5. インプットとアウトプットはワンセット

関連記事

  1. マーケティングの基本

    Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

    あなたの会社のWebサイトを見てくれた人には、あなたがその分野での専門…

  2. マーケティングの基本

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント

    Webサイトを制作する場合、制作会社に依頼することがほとんどだと思いま…

  3. マーケティングの基本

    デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  4. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ…

  5. “新規顧客獲得コスト”計測のススメ

    マーケティングの基本

    “新規顧客獲得コスト”計測のススメ

    「顧客獲得コスト」って、計測していますか?顧客獲得コスト。要する…

  6. マーケティングの基本

    Webページで成約率アップするには?

    「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか
  2. マーケティングのヒント

    遠くに行くことは、ある種の魔法である
  3. マーケティングの基本

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  4. マーケティングのヒント

    ターゲットにだけ刺さればいい!
  5. マーケティングのヒント

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件
PAGE TOP