最適なブログ記事の文字数と更新回数は?

最適なブログ記事の文字数と更新回数は?

ブログに記事を書く最大の目的は、WEB検索で“発見される”ようになるためです。

記事のタイトルと本文に検索キーワードを含めれば、1ページ1ページが検索ターゲットになります。
数多くの記事を書けば、その分だけ検索ターゲットが増加するので、当然、見つけられやすくなります。

また、この時に気をつけたいのが、記事の文量と更新回数です。
どの程度にするのが望ましいのでしょうか?

ブログに書く記事の文字数は?

続きを読む

葬儀屋のマーケティング

とある葬儀に際してマーケティング的観点から
考えたことですが…

人間、いつかは死ぬものですしこればかりは
避けられないことです。

これを読んでいるあなたはまだ自分が
死ぬことについては考えるような年齢では
ないかもしれません。

でも、誰かのお葬式に出たときくらいは
そんなことについて考えますよね。

しかしマーケッター的な視点でいくと、
そこで気になったのは
葬儀屋の集客についてでした。

続きを読む

Googleキーワードプランナーの使い方

Googleキーワードプランナーの使い方

ブログ記事を書く時に大切なのは、タイトルや記事本文に検索されるキーワードを含めることです。

特にライバルが少なく、検索結果に表示されやすくなる『複合キーワード』を選ぶことが重要でした。

複合キーワードを見つけるには、Googleの検索結果などに有料で広告を出すためのサービス「Google アドワーズ」の、キーワードプランナーを使うと便利です。

今回は、キーワードプランナーの最新の使い方について解説します。

続きを読む

集客のためのブログ記事キーワードの選び方

集客のためのブログ記事キーワードの選び方

ブログ記事を書く目的は、Webの検索で見つけてもらうためです。
そのためには、ブログ記事には検索されるキーワードを含める必要があります

とりあえずブログをやっている事業主によくある間違いは、プライベートを盛り込んだ日記のような記事を書く、というものです。

あなた自身が芸能人のように注目される人物なら、日常のことを書くのもありですが、一般人のプライベートなことには正直言って誰も興味がありません。

芸能人は自分自身が商品であり、ビジュアル(写真や出演作品)や、ライフスタイル(プライベートの切り売り)そのものが商品価値を持つからこそ、ブログでそれを書く価値があるわけです。

続きを読む

インプットとアウトプットはワンセット

事業主であれば、特に人に何かを教える仕事
をしている人は、大量のインプットが必要です。

教える仕事でなくても、業界の知識や自分の
技術を磨くために学習は欠かさないですよね。

また、セールスをするということを考えても、
相手に響く言葉を選ぶためにはたくさんの
言葉を知っていたほうが良いですし、

幅広い知識が役立つこともあります。

ですから、読書をすることは非常に大切です。

続きを読む

その説明、足りてる?

出張先にて…

今回2泊した宿で起こったことなんですが…。

なんでも今年オープンしたばかりだという
ことで泊まってみたわけです。

立地も非常によく、街の中心部にあります。

オープン間もないだけあって、非常に
キレイでどこもかしこもピカピカでした。

ピカピカすぎて、トイレのエリアなんて
歯医者みたいな匂いがするくらいです。

で、問題はここからなんですが…

続きを読む

実際に「会う」ことの重要性

私は普段、「Web集客アドバイザー」という
肩書きで自己紹介することが多いのですが…。

実際にはWebだけには限らないんですが、
現実には集客の中でもWeb集客がわからない、
という方が多いのでそう名乗っているわけです。

つまり、人とのつながりを通して
営業することが上手な人は多いんですよね。

続きを読む

ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

ブログ記事はたくさん書いて、一定の分量を確保することが、Web検索で“見つけられる”ことに繋がります。

その理由は2つ。

  1. コンテンツが増えることでGoogleから質の良いサイトと認められ、検索順位が上がるから
  2. ブログ記事の1つ1つが検索対象となり、その分見つけられる機会が増えるから

特に、ブログを始めたばかりの頃は記事数も少なく、Web検索で“見つけられる”ことは難しいです。
ですから、早いうちに軌道に乗せるためにも、最初の頃はとにかくたくさんの記事を書くことが大切です。

コンテンツが増えた分だけ、“見つけられる”ようになります。

そうは言っても、たくさん書くのは大変だと思われるかもしれません。

そこで今回は、ブログ記事をたくさん書くためのコツを3つご紹介します。

続きを読む