セミナー・勉強会

USPの本当の意味とは何か?

USP」って聞いたことありますか?

Unique Selling Proposition
(ユニーク・セリング・プロポジション)

の略で、
マーケティング用語としては
基本的なものの1つです。

日本ではよく
「独自の売り」とか「独自の売りの提案」
という意味で説明されます。

マーケティングコンセプト
という言い方でも表現できますね。

つまり、あなたのビジネスは
競合と比べて何が違うんですか?

という「差別化」の話に
なってくるわけでもあるんですが。

お客の側にフォーカスすると…

一方、「感情的ベネフィット」
という言葉も思い出してほしいんですね。

私の主催する「売上アップ実践会」では
毎回お話ししていることですが、

あなたのサービスを受けた結果として、
お客さんが本当に手に入れる未来はなんですか?

ってやつです。

USPというのは、
実はここと結びついている必要があるんですね。

あなたの商品・サービスで、
お客さんの問題を
どのように解決してあげられるのか?

どんな未来が手に入ると期待できるのか?

これを打ち出すことで
見込み客はあなたのことを見つけますし、
自然に集まってくる状態が作れます。

「USP」「差別化」という言葉で考えると、
どうしても自分の側に
フォーカスしている状態になりがちですが、

お客に与えられる「感情的ベネフィット」
を考えると、自動的にお客さんの側に
フォーカスすることになりますね。

あなたの「究極の約束」は?

これを踏まえてUSPとは何かを考えると、

「お客さんへの究極の約束」

と言うことができます。

お客さんが手に入れる
感情的ベネフィットを考え、

それを元に自分の「独自の売り」を考える

という手順を踏むと、
お客に刺さるUSPができます。

売上アップ実践会に来ませんか?

『セミナー』でなく『実践会』と
銘打っているのは、

ただ学ぶだけでなく、
その場で実践していただくことを
目的としているからです。

しかも、あなた1人で実践するのではなく、
その場に参加している全員で実践していきます。

ノウハウ自体はネット上にいくらでもあります。

が、それだけでは実践に至りません。
実際に考える『場』に行くことが重要なんです。

みんなでアイデアを出し合いながら
実践していくので、

1人でやるのと比べて、
成果につながる行動を起こしやすくなります。

講師の私も、アドバイスさせていただきます。
ぜひ私と一緒に、あなたのビジネスの
売上アップを実現させましょう!

↓ ↓ ↓

※通常の開催場所は大阪・心斎橋です。
(地下鉄本町・長堀橋からもアクセス可)

月ごとのテーマ詳細を知りたい方は
こちらから「売上アップ実践会」をチェック!

↓ ↓ ↓

ピックアップ記事

  1. 対人コミュニケーションスキルも重要
  2. 業界の不都合な真実を利用したマーケティング
  3. アクセスアップ=売上アップ?
  4. 失礼な名刺交換、してない? Part.2
  5. お客は、あなたの商品には興味がない

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    エイプリルフール、楽しんでますか?ネット上を中心にみんなが…

  2. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性

    私は普段、「Web集客アドバイザー」という肩書きで自己紹介すること…

  3. マーケティングのヒント

    異業種交流会の活用法①

    那覇から大阪へ戻ろうかというところでこれを書いています。今…

  4. マーケティングのヒント

    文章を書くのが苦手なあなたへ

    あなたは、文章を書くのは得意ですか?「苦手!」と答える人は実に…

  5. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ…

  6. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング

    突然ですが、焼き鳥屋さんは好きですか?先日、実力のある焼き鳥屋…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!
  2. マーケティングのヒント

    「逃げ恥」に学ぶマーケティング
  3. ブログマーケティング

    読みやすいブログ記事を書く5つのポイント
  4. マーケティングのヒント

    お客が来なくなった…さあ、どうする?
  5. マーケティングのヒント

    経営者は「やらないこと」を決める
PAGE TOP