マーケティングのヒント

忙しいのに儲からない、その最大の原因

ひとりビジネスや小規模ビジネスの場合、

やらないといけない細々とした作業に
やたらと時間が取られてしまう、

ってことありますよね。

最たる例が、経理作業など。

それだけでなく普段も、

・電話やメールの対応
・アポ取り
・スケジュール調整
・資料作成、送付
・ブログ執筆とアップ作業
・メルマガ、ニュースレター作成
・名刺の管理、整理
・HP作成、サイト管理
・クレーム対応

などなど、

やる必要はあるけれど、これがなければ
もっと仕事がはかどるのにな〜

と思う作業ってたくさんありますよね。

つまり、仕事の中には、

・お金を生む「仕事」

・お金を生まない「作業」

の2種類があるということです。

もし、いま以上に「仕事」のほうにだけ
時間を割くことができれば、

より売上があがりやすくなり、
時間的にも楽になる・・・

そんなことをあなたも考えたことがないでしょうか?

「作業」を減らす解決法2つ

じゃあ具体的にはどうするか?

出てくる答えはだいたい2つです。

1、社員を雇う
2、外注化する

やはり理想は
社員を雇うことだとみんな考えるんですが、

同時にこれには誰もがアタマをかかえる
大きなデメリットがあります。

そう、「めちゃくちゃお金がかかる」こと。

そんな余裕があったらとっくに雇ってるわ!
って話ですよね?

「雇いたいけどいい人がいなくて」
というのはまた別の問題ですが。

「外注化」はめんどくさい?

そこでもう少し手軽な手段として
・外注化する

という方法があります。

こちらのデメリットは、一言で言えば
「めんどくさい」ことです。

人探し→教育→仕事依頼→納品

この流れの中で多数のハードルが出現します。

でも、「めんどくさ」くなかったら、
外注化してみたくありませんか?

さて、その
「めんどくさくない外注」
とはどういうことか?

↓ ↓ ↓

結論です。

外注化を外注化できたら、
やりたくないですか?

外注化に伴う数々の困難

採用に比べたらまだマシとはいえ、
まず人探しが大変です。

探して、実際に依頼するかどうか決めるのに
連絡をとったり、面談したりでまた大変です。

作業のやり方を覚えてもらうのが大変です。

やってもらったからといって、
満足できるクオリティになるかどうか
わかりません。

何度かやりとりが発生することもあります。

優秀な人が見つかっても、
そういう人には仕事が集中します。

そのうち自由に仕事を依頼できなくなったり、
なんなら相手に主導権を握られたり、
といったことが起こります。

そして急に辞められたら、
上記全部やり直しです。

作業のマニュアル化や手順書があれば
まだマシでしょうが…。

↓ ↓ ↓

これらの問題を全部、解決できるとしたら、
外注化してみたいことって
いろいろ出てきませんか?

作業をやめて、仕事を増やす

つまり、
「○○をやれば儲かりますよ」

ではなくて、

「○○をやめれば儲かりますよ」
っていう話です。

で、私としては、
そうやって空いた時間で是非とも
「マーケティング」をやってほしいんですね。

確実に売上が今より上がります。

お金につながる仕事に
集中できるようになるからです。

そんなサービスがあったら、
使ってみたくないですか?

友だち追加

ピックアップ記事

  1. あなたの商品は、お客の何を解決するのか
  2. 経営者は「やらないこと」を決める
  3. SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと
  4. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  5. 自腹を切って「学び」に投資する

関連記事

  1. セミナー・勉強会

    USPの本当の意味とは何か?

    「USP」って聞いたことありますか?Unique Sellin…

  2. マーケティングのヒント

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件

    「マーケティング」って、なんだかよくわからないコトバですが。…

  3. マーケティングのヒント

    ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス

    「営業」つまり「売る」ことって、難しいですよね?「簡単だ」「楽…

  4. マーケティングのヒント

    事例を集める前に集客の仕組み化が必要

    あなたは「上手くいった事例」って興味ありますか?これ、自分…

  5. マーケティングのヒント

    その説明、足りてる?

    出張先にて…今回2泊した宿で起こったことなんですが…。…

  6. マーケティングのヒント

    環境が違えば出る成果が変わる

    実践のためには良い環境が必要、ということは、わかってはいますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    事例を集める前に集客の仕組み化が必要
  2. ブログマーケティング

    Google Analyticsでチェックすべき項目5つ
  3. SNS・動画マーケティング

    SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと
  4. ブログマーケティング

    最適なブログ記事の文字数と更新回数は?
  5. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!
PAGE TOP