マーケティングのヒント

アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!

先週、那覇から帰ってきて…

バタバタしていました。

沖縄は暖かくて良かったんですが…。

ただやらなければならない仕事や作業は
どうしてもあるもので、

夜ホテルへ戻っても夜中まで
カタカタPCを叩き…

というわけで沖縄だからって
それらしい楽しみ方は
あまりできなかったわけです(笑)

グルメくらいですかね。

肉でやたら反応率が高かった話

私はアメリカンステーキの赤身肉が
大好きなので、那覇へ行くと必ず食べます。

沖縄と言えばステーキ屋がやたら多いです。

理由のひとつには、
米国の統治下にあった時代があるため、
アメリカンステーキが非常に多いのと…

もうひとつは、
沖縄には石垣牛というブランド牛があるので、
和牛ステーキも多いんですね。

で、那覇のとあるお店では、
焼き加減を『レア』で頼むと、

片面が完全に生の状態で出してくるところが
あるんですよ(有名店です)。

もちろん鉄板はアツアツなので、
ひっくり返せば両面焼けます。

が、私は肉は生に近いほうが
美味しいと思っているので、
ひっくり返しません(笑)

4つめのBはBeefで決まりだな!

そして、その完全に生肉じゃないか!
っていうところを写真に撮って公開したら
めちゃくちゃ反応良かったです。

美味しそうな食べ物の画像って
いろいろありますけど、

やっぱりデカい肉の画像は
いちばん引きがありますね。

で、やっぱり焼けた肉より生肉です。

マーケティングでは
画像によるアイキャッチ
というのも重要なテーマの一つですが、

一般的に高い反応が取れるものって
決まっていて、

・Baby(赤ちゃん)
・Beauty(美女)
・Beast(野獣…というか動物)

の「3B」と言われています。

これにもう一つ付け加えるとしたら、

・Beef(牛肉)

じゃないでしょうかね。
もちろん豚でも羊でも良いですが。

私は大手グルメサイトの営業をしていた
経験もあるので、

肉画像の反応の高さは
以前から知っていましたが…。

改めて、肉の威力はスゴいですね。

「ついつい見ちゃう」には何が必要?

もう少し真面目な解説を加えておきます。

前述の「3B」がなぜ強いのかというと、
単純に好印象だからというだけでなく、

「目」があることが大きいです。

人間、「見られてる」と思うと
ついついそっちを見ちゃうんですよね。

そういう意味では、
生肉の画像は「目」がないので、
アイキャッチ的には少し弱いですね。

LINE友達になりませんか?

最新情報&マーケティング小ネタを
いち早くお届けします!

友だち追加

ピックアップ記事

  1. エイプリルフールに学ぶマーケティング
  2. ネット集客はメルマガから始める
  3. オファー以前の雑な売り込みを受けた件
  4. Webサイトをスマホ対応にする方法
  5. 価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    あなたのビジネスは真の価値が伝わっているか

    最近、とにかく人と会う機会が多いです。その中には初めて会う…

  2. マーケティングのヒント

    お客が来なくなった…さあ、どうする?

    先日、日本一の高さを誇る観覧車に乗ってきました。値段じゃないで…

  3. マーケティングのヒント

    ゴールデンウィークに考えるマーケティング

    長期連休(ゴールデンウィーク期間)に突入していますが、いかがお過ご…

  4. マーケティングのヒント

    異業種交流会の活用法①

    那覇から大阪へ戻ろうかというところでこれを書いています。今…

  5. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

  6. マーケティングのヒント

    マーケティングは、基本 × 最先端=最大の効果

    今日はつまらない話をします!やっぱり基本が大事じゃないですかい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    アクセスアップ=売上アップ?
  2. マーケティングのヒント

    ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?
  3. マーケティングのヒント

    あなたのいらない“仕事”を奪い取ります
  4. マーケティングの基本

    基本はお客さんとのコミュニケーション
  5. SNS・動画マーケティング

    SNSで「集客」の正しい考え方
PAGE TOP