マーケティングのヒント

オファー以前の雑な売り込みを受けた件

「マーケティング」って、
なんだかよくわからないコトバですが。

「セールス」に至る前の活動のことを
総称してマーケティングと呼ぶ、
と定義されます。

販売に至るまでの流れ、
と言い換えてもいいですね。

マーケティングとセールスは
もちろんセットですし、

売ったときにできるだけ抵抗なくスムーズに
売れるようにすることが
マーケティングの意義、というわけです。

で、日々マーケティングについて
考えていると、

「売り込みを受ける」ということに
ワクワクしてしまうんですね。

「おっ、これはこの先に売り込みがあるな…」
と気づいたときのワクワク感ったら。

売り込みのニオイ漂うメッセージ

で、先日ですね。

某SNSで以前からつながっている、
ある方からメッセージが飛んできました。

何度かお会いしたこともありますが、
お互いを深く知っている仲ではありません。

これこれこういう活動をしているんだが
興味はないか?

と言うので

これは何かサービスを買わせようとしてる?

と思ったわけです。

しかし、その『活動』が
どのように自分に関係するのかが
わからなかったので、

・私は何をするべきなのか
・それをするとどんなメリットがあるのか

と質問をしました。
(↑私、模範的な見込み客じゃないですか?)

すると回答は

・なにやら代理店のようなことをしろ
・イメージアップするよ

みたいなとってもぼんやりしたもので、
なおかつ詳しくはこちら、
とURLが送られてきました。

URLにも飛んでみたんですが、
何をしているのかはわかったものの、

どんなメリットが見込まれるかについては
ちょっと納得のいくものが見当たらず…。

私くらい興味津々で見てる人が
「わかりにくい」って言うくらいです。

元から興味をそそられない人は
URLをクリックもしないでしょうね。

断りきれないオファーをくれ!

売り込みを受けるに当たっては、
どれくらい魅力的か?
という部分が楽しみなわけです。

「断りきれないオファー」
が出てくるのを期待してしまうわけです。

今回は残念ながら、それ以前の問題でした。

断りきれないどころか、
オファー自体がぼんやりしてましたから。

この文章もそのうち、
某SNSでシェアしてみますんで、

もし…もし!これを読まれた際は、

改めて「断りきれないオファー」付きで
メリットを説明しにきてくれることを
期待しています!

LINE友達になりませんか?

最新情報&マーケティング小ネタを
いち早くお届けします!

友だち追加

ピックアップ記事

  1. 価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜
  2. 一つのメッセージを明確に伝える
  3. “松竹梅の法則”+「言ってみる」+アフターフォロー
  4. Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜
  5. 基本はお客さんとのコミュニケーション

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

  2. SNS・動画マーケティング

    SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

    前記事「SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと」の続き…

  3. マーケティングのヒント

    好奇心のスキマ理論と上手い対処法

    私は元来、興味のあることについては勉強するのが大好きなタチです。…

  4. マーケティングのヒント

    いつまで経っても「準備中」の人

    セミナー中にこぼれ話としてたまに言うエピソードなんですが。…

  5. SNS・動画マーケティング

    SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと

    あなたはFacebookは活用していますか?ブームがLINEや…

  6. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性

    私は普段、「Web集客アドバイザー」という肩書きで自己紹介すること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    顧客教育のためのステップメール活用法
  2. マーケティングのヒント

    成功には理由がある〜仕組みと仕掛け〜
  3. セミナー・勉強会

    売上アップ実践会 4月19日(水)開催!
  4. マーケティングのヒント

    マーケティングは、基本 × 最先端=最大の効果
  5. ブログマーケティング

    Googleキーワードプランナーの使い方
PAGE TOP