マーケティングのヒント

セルフイメージを変えるには

「意識高い系」って言葉、知ってますか?

日本における
ネットスラング(俗語)の一種ですが、

「自分を過剰に演出するが中身が伴っていない若手」
「前向き過ぎて空回りしている若者」

などと定義づけられます。

こういう人たちは一般的に

・自分の経歴や所属をアピールする
・人脈に異常に敏感で、有名人や権威との
つながりをアピールしまくる

という特徴もあります。

「中身が伴っていない」のは
残念なことではありますが、

意識を高く持つということ自体は、
良いことのはずですよね。

「意識低い系」の経営者たち

逆に経営者を見渡してみると、
「意識低い系」になってしまっている人も
けっこう多いなと感じるんですね。

たとえば美容師であれば、
自身を「美容師」と言ってしまうと、

言い方は悪いですが
「髪切り職人」
ってことになってしまうわけです。

しかしこれがたとえば、

「髪を切るということを通して顧客に
自信をつけてもらうカウンセラー」

だと定義づけると、
仕事のやり方が変わりますよね。

他の美容師ではなく、
カウンセラーやスタイリストなどが
競合になってくるかもしれません。

ただの「美容師」よりは
確実に目線が上がってますよね?

セルフイメージを変えてみる

「セルフイメージ」という言葉を
聞いたことがあると思います。

セルフイメージとは言葉のとおり、
自分が自分に対して
持っているイメージのことです。

1人の人でも自分に対して
いろいろなセルフイメージを持っています。

生活の中で、仕事上の顔、家族の中での役割、
友人との関係、趣味の世界などで
いろいろな顔を持っているはずだからです。

このセルフイメージは非常に大事です。

なぜなら、このセルフイメージ次第で、
自分の行動や思考、発言や習慣などが
変わってくるからです。

まずはあなたのビジネスにおいて、
自身を何業、なに屋さんと位置づけるのか。

今より一段、目線を上げてみてください。

クライアントが
あなたのサービスを受けた先には、
どんな未来が待っていますか?

ピックアップ記事

  1. Google Analyticsでチェックすべき項目5つ
  2. オファー以前の雑な売り込みを受けた件
  3. 忙しいのに儲からない、その最大の原因
  4. ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?
  5. アナ雪ED問題に学ぶマーケティング

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性

    私は普段、「Web集客アドバイザー」という肩書きで自己紹介すること…

  2. マーケティングのヒント

    環境が違えば出る成果が変わる

    実践のためには良い環境が必要、ということは、わかってはいますよね。…

  3. マーケティングのヒント

    品薄商法に学ぶマーケティング

    『コイケヤプライドポテト』って食べたことありますか?どうも…

  4. マーケティングのヒント

    お客は、あなたの商品には興味がない

    今回は、我々が売ってるものは何か?というお話です。何かビジ…

  5. マーケティングのヒント

    『男の数は35億!』の功罪

    マーケティングをやっているとしばしば、マーケティングと恋愛は似てい…

  6. マーケティングのヒント

    お客が来なくなった…さあ、どうする?

    先日、日本一の高さを誇る観覧車に乗ってきました。値段じゃないで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    「地域密着型の社長」が地方都市の衰退を引き起こす
  2. マーケティングの基本

    基本はお客さんとのコミュニケーション
  3. マーケティングのヒント

    異業種交流会の活用法②
  4. マーケティングのヒント

    流行りに学ぶマーケティング
  5. マーケティングのヒント

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件
PAGE TOP