ターゲットにだけ刺さればいい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は「エレベーターピッチ」の重要性
について書きましたが…。

簡単に言うと、数十秒で自社の説明を
するためのキラートークのことでした。

で、もちろん私自身も初めましてのときは
エレベーターピッチをベースとした
自己紹介を行うわけなんですが…。

先日、これにまつわる
ちょっとショックな体験をしました。

「全くイメージができないんですが…」

とある会で数人の社長や代表の方と
挨拶をする機会があったんですが…。

その中の1人の方が、僕の自己紹介を聞いて
怪訝そうな顔をして考え込んだんです。

そして

「うーん…それは一体何をする仕事なのか
一切イメージがわかないんですが」

と言い放たれました。

しかも、何回も。

私は実際に人と会って自己紹介をするときは、
単に「経営コンサルです」というような
言い方をすることはほぼありません。

コンサルティングの中でも
ちょっと特殊な分野のみをアピールするので、
それが差別化にもなっています。

こちらとしては、そのいつもの
エレベーターピッチを言っているだけで、

これがわからない人はほぼいないくらいの
自信を持って言っていたので、
ちょっとビックリしました。

意外なターゲット設定だった?

途中、少しムッとしつつも(笑)
説明を重ねた結果、何をしているのかは
だいたいわかってもらえました。

どうも話の流れを整理するに、
「どういう仕事かがわからない」
というよりも、

「その分野について他人にアドバイスを
求める人がいると思わなかった」
という部分が

“わからない”根本原因だったようです。

エレベーターピッチで言うところの、
「誰々のための」という部分が
彼のイメージの中になかったんでしょう。

例えて言うなら…

だいぶ古いですが、
“デューク更家”という人がTVに
登場したときに、誰もが思いましたよね。

「え?モデルでもないのに
“歩き方”を習う人がいるの?」

って。あんな感じです。たぶん。

どこまで理解させる必要があるか?

とはいえ、
「そんなサービスがこの世にあるんだ!」

と思われるような”意外な”サービスを
自分が売っているんだということを
再認識させられましたし、

相手の中に全くイメージがないことも
想定して、

でもそういう人にでもわかるように
伝えられるように精進しようと思わされました。

ただし、刺さる人には
めちゃくちゃ刺さるのも事実です。

実際、同じ会で別の人からは

「ちょうどそういう人探してたんですよ!」
と言われ(なかなかそこまで言われる機会も
少ないですよね?)、

その場で即商談が決定しましたから。

だから、響く人だけに響けばいいと
割り切ってしまうほうが効率は良いです。

詳しく説明する必要があれば
後でいくらでもできますし、

万人受けを目指してエレベーターピッチを
つまらない、くどいものにしてしまうのは
逆効果でしょう。

分かってもらいたい人に分かってもらえるなら、
それは良いエレベーターピッチのはずですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ利益を生み出す!仕組みづくりの秘訣

無料メール講座

これからWebマーケティングを始めたい
あなたをサポートする会員限定メール講座
無料でプレゼント

今なら、こんな限定コンテンツがもらえます

「マーケティング」の基本を5日間で学ぶ
“今すぐ利益を生み出す!仕組みづくりの秘訣”

「集客」の悩み…そろそろ解放されたくないですか?

少ない予算で継続的に集客し続けるための仕組みがほしい…

集客ってどうやるの?そもそもマーケティングってなに?

小規模ビジネスが取り組むべきマーケティング理論の鉄則

基本中の基本からわかりやすくお伝えいたします。

「マーケティング」の鉄則を知ると、何をするべきなのか明確になります。
1日に少しずつお届けしますので、空いた時間に5〜10分の時間を取って読むことができます。

  • 小さな会社の経営者

  • 士業・コンサルタント・講師・コーチ

  • 店舗ビジネスのオーナー

  • 起業したばかりの方・これから起業する方


これらのビジネスをされていて、
どうやって集客すれば良いのかわからない方、そして
マーケティングを根本から見直したい方にピッタリです!

無料メール講座に登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*