SNS・動画マーケティング

SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

前記事「SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと」の続き

さて、あなたはビジネスでSNSをどのように
役立てたいでしょうか?

という質問、考えてもらえましたか?

だいたい、次のうちどれかに集約されるかと
思います。

  1. とにかく目立ちたい
  2. 自社やサービスの認知度を向上させたい
  3. 集客したい、または集客につなげたい

今日はまず、1と2について考えてみます。

1,とにかく目立ちたい

「ビジネスで」と条件をつけてあるので、
1を選ぶ人はあんまりいないかもしれません。

でも、実際にはこれで終わってしまっている
人はかなり多いです。

目立つのは良いんですが、
ビジネス的な意味があるかどうかを考えて
やるようにしましょう。

ともすれば「うざい」で終わってしまいます。

というわけで、主に考えるべきは
2と3ということになります。

2,自社やサービスの認知度を向上させたい

実際には1の行動をしてしまっている人は
2を選んでいるかもしれません。

実際、広報目的でいろんな情報を流す人は多いです。

それはそれでアリなんですが…。

端的に言って、認知度アップは
SNSでは不向きです。

だって、知り合いとつながるのがSNSですよね?

つまり、
「リピート客や常連客に向けて広報する」
という目的であればやる価値があるということです。

ここでするべきは、
「既にあなたの商品・サービスを知っている
人に対して理解を深めてもらうための投稿」
です。

あなたのことを知らない人に宣伝するため
じゃありません。

そこは間違えないでください。

もし、認知度アップのために新規客へ
リーチ(宣伝)したいのであれば、

まだつながっていない人に対してSNS内で
広告を出すことを考える必要がありますよね。

具体的にはFacebook広告といったものです。

ただし当然ながらお金がかかります。

SNSの良いところは
「お金がかからない」というところです。
(あなたも「無料」という言葉には弱いですよね?)

ここはひとつ、できるだけ無料のまま
SNSを使って集客する方法を考えてみましょう。

次回は
3,集客したい、または集客につなげたい

を考えます!
→SNSで「集客」の正しい考え方

ピックアップ記事

  1. “松竹梅の法則”+「言ってみる」+アフターフォロー
  2. Google Analyticsでチェックすべき項目5つ
  3. 葬儀屋のマーケティング
  4. 最適なブログ記事の文字数と更新回数は?
  5. Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    自腹を切って「学び」に投資する

    知識ビジネスを業としている人は、自己投資として情報にお金を使おう、…

  2. マーケティングのヒント

    失礼な名刺交換、してない?

    あなたは「名刺交換」って、大事にしてますか?どっちが下から出す…

  3. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ…

  4. マーケティングのヒント

    いつまで経っても「準備中」の人

    セミナー中にこぼれ話としてたまに言うエピソードなんですが。…

  5. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  6. マーケティングのヒント

    あなたの商品は、お客の何を解決するのか

    さて、お客さんが本当に興味があるのはあなたの商品そのものではなく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. セミナー・勉強会

    2017年2月売上アップ実践会まとめ
  2. SNS・動画マーケティング

    少ない予算で集客するならSNS!
  3. SNS・動画マーケティング

    SNSで「集客」の正しい考え方
  4. マーケティングのヒント

    経営者必見!本当に成果が出るアフィリエイトのやり方
  5. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング
PAGE TOP