SNS・動画マーケティング

SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと

あなたはFacebookは活用していますか?

ブームがLINEやInstagramに移ったと言われて
久しいですが、

正直言ってFacebookは
まだまだ使えるメディアです。

一部の新しもの好きな、流行に敏感な人々は
もちろんいま一番勢いのあるSNSを使いたがります。

今だったらInstagramですね。
(知らない方は「インスタグラム」で
検索してみましょう)

とはいえそれは、

一般ユーザーの話です。

我々経営者は、ビジネスで使うことを
考えなければなりません。

ビジネス用途でSNSを使う

集客をしたくて
「いま何が流行っているのか」
ということを聞かれる経営者は多いですが、

マーケティングを考えるときに
「世間の流行りが何か?」というのは
本質ではありません。

あなたのお客になるターゲット層(見込み客)
はどこにいるのか、何を使っているのか?

と考えるべきですね。

ターゲットが集まっているところに
広告を投入するのが基本です。

ですから、Instagramに
高級腕時計だとか住宅だとかの
広告を出しても売れないでしょうね。

Instagramのメインユーザーは
10代〜20代の若年層です。

対してFacebookは、ブームは過ぎたと
言われて久しいですが、

依然として35歳以上の層の利用率は
高い傾向にあります。

また、経営者層の利用率が高いのも
Facebookの特徴です。

SNSは有効だがしかし…

と聞くと、BtoBの企業は
「じゃあFacebookをやればいいのか!」
となるわけなんですが…。

はっきり言います。

世間の8割以上の企業はSNSの使い方を
間違えています。

というか、そもそもなんのためにやっている
のかわかりませんし、
本人もわかっていないんだろうなと感じます。

なんとなく「面白かった記事をシェア」とか

「心に響いた名言的文章を書く」とか

ましてや「単なる社長の日常」とか

それは何を目的としてやってるんだ?
ってことです。

なんのためにSNSをやるのか?

本当にSNSで集客をしたいなら、
戦略がないと無意味です。

SNSをやっている時間が無駄になってしまうんですよ。

では、「SNS戦略」とはどういうことか?

まず、あなたがビジネスでSNSをどのように
役立てたいのか考えてみてください。

概ね、次のうちどれかじゃないでしょうか?

  1. とにかく目立ちたい
  2. 自社やサービスの認知度を向上させたい
  3. 集客したい、または集客につなげたい

やっぱりこれだ、と思うものはありましたか?

続きはまた次回!
→SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

ピックアップ記事

  1. アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!
  2. 遠くに行くことは、ある種の魔法である
  3. ブログ記事は要点を1つだけに絞る
  4. Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  5. 集客のためのブログ記事キーワードの選び方

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性

    私は普段、「Web集客アドバイザー」という肩書きで自己紹介すること…

  2. マーケティングのヒント

    アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!

    先週、那覇から帰ってきて…バタバタしていました。沖縄は…

  3. マーケティングのヒント

    忙しいのに儲からない、その最大の原因

    ひとりビジネスや小規模ビジネスの場合、やらないといけない細々と…

  4. マーケティングのヒント

    知識ビジネスにおけるお金の使い方

    自分の周りで「成功している人」「稼いでいる人」にはひとつの明確…

  5. マーケティングのヒント

    お客は、あなたの商品には興味がない

    今回は、我々が売ってるものは何か?というお話です。何かビジ…

  6. マーケティングのヒント

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件

    「マーケティング」って、なんだかよくわからないコトバですが。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  2. セミナー・勉強会

    大阪梅田 売上アップ実践会 開催!
  3. SNS・動画マーケティング

    SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと
  4. マーケティングのヒント

    成果につながる行動計画の立て方
  5. マーケティングのヒント

    環境が違えば出る成果が変わる
PAGE TOP