SNS・動画マーケティング

SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと

あなたはFacebookは活用していますか?

ブームがLINEやInstagramに移ったと言われて
久しいですが、

正直言ってFacebookは
まだまだ使えるメディアです。

一部の新しもの好きな、流行に敏感な人々は
もちろんいま一番勢いのあるSNSを使いたがります。

今だったらInstagramですね。
(知らない方は「インスタグラム」で
検索してみましょう)

とはいえそれは、

一般ユーザーの話です。

我々経営者は、ビジネスで使うことを
考えなければなりません。

ビジネス用途でSNSを使う

集客をしたくて
「いま何が流行っているのか」
ということを聞かれる経営者は多いですが、

マーケティングを考えるときに
「世間の流行りが何か?」というのは
本質ではありません。

あなたのお客になるターゲット層(見込み客)
はどこにいるのか、何を使っているのか?

と考えるべきですね。

ターゲットが集まっているところに
広告を投入するのが基本です。

ですから、Instagramに
高級腕時計だとか住宅だとかの
広告を出しても売れないでしょうね。

Instagramのメインユーザーは
10代〜20代の若年層です。

対してFacebookは、ブームは過ぎたと
言われて久しいですが、

依然として35歳以上の層の利用率は
高い傾向にあります。

また、経営者層の利用率が高いのも
Facebookの特徴です。

SNSは有効だがしかし…

と聞くと、BtoBの企業は
「じゃあFacebookをやればいいのか!」
となるわけなんですが…。

はっきり言います。

世間の8割以上の企業はSNSの使い方を
間違えています。

というか、そもそもなんのためにやっている
のかわかりませんし、
本人もわかっていないんだろうなと感じます。

なんとなく「面白かった記事をシェア」とか

「心に響いた名言的文章を書く」とか

ましてや「単なる社長の日常」とか

それは何を目的としてやってるんだ?
ってことです。

なんのためにSNSをやるのか?

本当にSNSで集客をしたいなら、
戦略がないと無意味です。

SNSをやっている時間が無駄になってしまうんですよ。

では、「SNS戦略」とはどういうことか?

まず、あなたがビジネスでSNSをどのように
役立てたいのか考えてみてください。

概ね、次のうちどれかじゃないでしょうか?

  1. とにかく目立ちたい
  2. 自社やサービスの認知度を向上させたい
  3. 集客したい、または集客につなげたい

やっぱりこれだ、と思うものはありましたか?

続きはまた次回!
→SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

ピックアップ記事

  1. 基本を押さえてこそマーケティングは有効
  2. ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?
  3. 経営者は「やらないこと」を決める
  4. アナ雪ED問題に学ぶマーケティング
  5. バレンタインデーに学ぶマーケティング

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    マインドが腐っている経営者の口グセ

    新規集客のシーズンですね〜なんてあちこちで言われだしてますが……

  2. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

  3. マーケティングのヒント

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    エイプリルフール、楽しんでますか?ネット上を中心にみんなが…

  4. マーケティングのヒント

    ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス

    「営業」つまり「売る」ことって、難しいですよね?「簡単だ」「楽…

  5. マーケティングのヒント

    ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?

    早くも、5月の半ばです。最近「暑いですね」って会う人みんな…

  6. マーケティングのヒント

    インプットとアウトプットはワンセット

    事業主であれば、特に人に何かを教える仕事をしている人は、大量のイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    アナ雪ED問題に学ぶマーケティング
  2. ブログマーケティング

    ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  3. セミナー・勉強会

    2017年2月売上アップ実践会まとめ
  4. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効
  5. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング
PAGE TOP