マーケティングのヒント

価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜

From: 福岡・中洲のホテル

福岡の街は相変わらず賑わっています。
景気がいいですよね。

今、ビジネス的にもとても勢いのある街です。
東京の次にイイのは、福岡ですね!

私の本拠地である大阪は、
今あんまり良くないんですよね。

私は関西人ではないですが、関西好きです。
なんとかこの日本第2の大都市圏が
活気づかないかなーと思うんですが。

私に言わせれば、大阪の人がよく言う

「大阪(関西)を盛り上げよう!」

という発想こそが
関西の景気を悪くしているんですが…。

その話はまた別の機会に。

高単価で売るためのヒント

さて、福岡と言えばホテルが取れません。

宿が取れずに大学受験生が困っている、
というニュースもありましたよね?

そもそもの数も多くはないんでしょうが、
特に直前になると高騰してしまって余計に
取りづらい。

特に今週は中国の春節に当たるので、
人気の都市は軒並みホテルが埋まっています。

価格変動の原則の一つとして、
需要と供給のバランスというものがあります。

需要に対して供給が少なければ、
その分価格を上げても売れる。

これはホテル業界や航空券などでは
当たり前に行われていることです。

飲食店でも、
平日と週末では同じコースの価格が
異なっていたりしますよね。

ここにも値上げのヒントが隠れています。

基本的には、
競合他社との差別化をすることで

他社が同じサービスを供給できないようにし、
価格を上げるというのが一般的です。

この場合は「価値を上げる」という
大原則に沿ったやり方になるわけですが、

「時期によって」

「エリアによって」

なおかつ「一時的に」価格を上げる
というのは、意外といろんなビジネスで

取り入れる余地があります。

あなたのビジネスでは、どうですか?

やっぱり集客が全て!

まあでも、根本的にはお客さんが
たくさんいれば自然と取り合いが生まれて

価値が上がり、価格を上げられます。

よほど下手でなければ、
リーチした(サービスを紹介した)数のうち
いくらかのお客さんは、買ってくれます。

つまりは集客が全てということですね。

福岡に行きたい人が、
行く必要のある人がいなければ、

どんなにホテルの供給が少なくたって
取り合いは起こりませんからね。

ピックアップ記事

  1. 対人コミュニケーションスキルも重要
  2. SNSで「集客」の正しい考え方
  3. 「逃げ恥」に学ぶマーケティング
  4. インターネットで売るときの「壁」を乗り越えるには
  5. 好奇心のスキマ理論と上手い対処法

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング

    突然ですが、焼き鳥屋さんは好きですか?先日、実力のある焼き鳥屋…

  2. マーケティングのヒント

    「地域密着型の社長」が地方都市の衰退を引き起こす

    私は仕事柄というのもありますが、出張が多いです。割と日本全…

  3. マーケティングのヒント

    あなたのいらない“仕事”を奪い取ります

    以前「忙しいのに儲からない、その最大の原因」という記事を書きました…

  4. マーケティングのヒント

    好奇心のスキマ理論と上手い対処法

    私は元来、興味のあることについては勉強するのが大好きなタチです。…

  5. マーケティングのヒント

    お客は、あなたの商品には興味がない

    今回は、我々が売ってるものは何か?というお話です。何かビジ…

  6. マーケティングのヒント

    あっと驚く集客法の探し方

    中小企業のビジネスにおいては情報発信を続けていくことがいかに大事か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    その説明、足りてる?
  2. マーケティングの基本

    Webページで成約率アップするには?
  3. SNS・動画マーケティング

    SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと
  4. SNS・動画マーケティング

    SNSで「集客」の正しい考え方
  5. マーケティングのヒント

    価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜
PAGE TOP