マーケティングのヒント

価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜

From: 福岡・中洲のホテル

福岡の街は相変わらず賑わっています。
景気がいいですよね。

今、ビジネス的にもとても勢いのある街です。
東京の次にイイのは、福岡ですね!

私の本拠地である大阪は、
今あんまり良くないんですよね。

私は関西人ではないですが、関西好きです。
なんとかこの日本第2の大都市圏が
活気づかないかなーと思うんですが。

私に言わせれば、大阪の人がよく言う

「大阪(関西)を盛り上げよう!」

という発想こそが
関西の景気を悪くしているんですが…。

その話はまた別の機会に。

高単価で売るためのヒント

さて、福岡と言えばホテルが取れません。

宿が取れずに大学受験生が困っている、
というニュースもありましたよね?

そもそもの数も多くはないんでしょうが、
特に直前になると高騰してしまって余計に
取りづらい。

特に今週は中国の春節に当たるので、
人気の都市は軒並みホテルが埋まっています。

価格変動の原則の一つとして、
需要と供給のバランスというものがあります。

需要に対して供給が少なければ、
その分価格を上げても売れる。

これはホテル業界や航空券などでは
当たり前に行われていることです。

飲食店でも、
平日と週末では同じコースの価格が
異なっていたりしますよね。

ここにも値上げのヒントが隠れています。

基本的には、
競合他社との差別化をすることで

他社が同じサービスを供給できないようにし、
価格を上げるというのが一般的です。

この場合は「価値を上げる」という
大原則に沿ったやり方になるわけですが、

「時期によって」

「エリアによって」

なおかつ「一時的に」価格を上げる
というのは、意外といろんなビジネスで

取り入れる余地があります。

あなたのビジネスでは、どうですか?

やっぱり集客が全て!

まあでも、根本的にはお客さんが
たくさんいれば自然と取り合いが生まれて

価値が上がり、価格を上げられます。

よほど下手でなければ、
リーチした(サービスを紹介した)数のうち
いくらかのお客さんは、買ってくれます。

つまりは集客が全てということですね。

福岡に行きたい人が、
行く必要のある人がいなければ、

どんなにホテルの供給が少なくたって
取り合いは起こりませんからね。

ピックアップ記事

  1. Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜
  2. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  3. 忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ
  4. 集客のためのブログ記事キーワードの選び方
  5. 対人コミュニケーションスキルも重要

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    成果につながる行動計画の立て方

    最近めちゃくちゃ忙しく、考えることが山積しています。考える…

  2. マーケティングのヒント

    あなたのいらない“仕事”を奪い取ります

    以前「忙しいのに儲からない、その最大の原因」という記事を書きました…

  3. マーケティングのヒント

    アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!

    先週、那覇から帰ってきて…バタバタしていました。沖縄は…

  4. マーケティングのヒント

    マインドが腐っている経営者の口グセ

    新規集客のシーズンですね〜なんてあちこちで言われだしてますが……

  5. マーケティングのヒント

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    いま、飛行機の中でこれを書いています。今だけ機内Wi-Fiの利…

  6. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    Webサイトを持つ目的はなんですか?
  2. マーケティングのヒント

    ゴールデンウィークに考えるマーケティング
  3. セミナー・勉強会

    売上アップ実践会in大阪梅田 2月23日(木)開催!
  4. マーケティングの基本

    Webサイトの活用法〜サービス提供者の顔写真を載せよう〜
  5. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング
PAGE TOP