マーケティングのヒント

あっと驚く集客法の探し方

中小企業のビジネスにおいては
情報発信を続けていくことがいかに大事か、

というのはこれを読んでくれている
あなたならよくわかっているかと思います。

実際に何かできているかどうかは別として…。

だって、正直めんどくさいですからね。

ニュースレターを書いて送るにしろ、
ブログを書くにしろ、
メルマガを書くにしろ。

お金はそれほどかからないぶん、
手間がかかります。

でも効果は大きく、まさに日々の積み重ねが
モノを言う、そういうやり方なのですが。

たとえば店舗ビジネスをしていたら、
大手ポータルサイトに毎月高い掲載料を
払っていくばくかのお客を取る、とか。

折込チラシに10万単位でお金をかける、とか。

そのほうが手っ取り早い!
と思ってしまうのも無理はないです。

というか、そっちならやったことがあるから、
なんとなく次もそうしたほうが安心なんですよね。

人は変化を嫌う動物ですから。

でも、心の中では

「集客するために誰も気づいていない、
すごい穴場があるんじゃないか?」

なんてことを期待してたりするわけです。

これ、どんなビジネスの方とお話ししていて
もだいたいみんな思っています。

だからこそFacebookやLINEなど、
最近の流行りものが今来てる!とか聞くと
胸がゾワゾワしてしまうわけですよね?

それらって手段であって本質ではないので、
当たったとしてもいつかそのバブルって
なくなるんですけども。

さらに言うと、
その「穴場」の集客法っていうのは

「無料」でできるとか

「格安(=費用対効果が抜群)」でできるとか

そういうことを意味していますよね?

基本的に集客にはお金がかかります。

というか、お金をかけるべきなんです。

かけられる費用は最大限、
広告に突っ込むべき、

ということは、
私もクライアントには必ず言っています。

問題は、何をどう選ぶかというところのはずなんですよね。

そろそろ、
「広告にお金かけたくない病」
からは脱出するべきではないですか?

タイトルを裏切るようですが、

「あっと驚く集客法」
なんて探している暇があったら、
広告にお金をかけましょう!

というのが結論です。

大事なのは、何をどう選ぶか?です。

ピックアップ記事

  1. ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス
  2. 知識ビジネスにおけるお金の使い方
  3. インプットとアウトプットはワンセット
  4. 『男の数は35億!』の功罪
  5. 葬儀屋のマーケティング

関連記事

  1. セミナー・勉強会

    USPの本当の意味とは何か?

    「USP」って聞いたことありますか?Unique Sellin…

  2. マーケティングのヒント

    『男の数は35億!』の功罪

    マーケティングをやっているとしばしば、マーケティングと恋愛は似てい…

  3. マーケティングのヒント

    文章を書くのが苦手なあなたへ

    あなたは、文章を書くのは得意ですか?「苦手!」と答える人は実に…

  4. マーケティングのヒント

    ターゲットにだけ刺さればいい!

    前回は「エレベーターピッチ」の重要性について書きましたが…。…

  5. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性

    私は普段、「Web集客アドバイザー」という肩書きで自己紹介すること…

  6. マーケティングのヒント

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    エイプリルフール、楽しんでますか?ネット上を中心にみんなが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    ネット集客はメルマガから始める
  2. マーケティングのヒント

    流行りに学ぶマーケティング
  3. マーケティングの基本

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか
  4. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効
  5. マーケティングのヒント

    対人コミュニケーションスキルも重要
PAGE TOP