マーケティングのヒント

「逃げ恥」に学ぶマーケティング

2016年10月〜12月のクールにおいて
人気ドラマと言えば「逃げ恥」でした。

「逃げるは恥だが役に立つ」という
タイトルのドラマです。

観てましたか?

私は…一切観ていませんでした。

しかし流行りのドラマということで
放映中は散々その名前を
見たり聞いたりしたわけです。

私が「逃げ恥」を観なかった最大の理由は、
ストーリーに全く興味が沸かないからです。

それは間違いありません。

一度だけ、帰宅してTVをつけたら
「逃げ恥」をやっていて、
10分ほど流し見したことがありますが、

ついつい観てしまったということは
一切ありませんでした。

でも、世間ではああいう
シチュエーションであったり
ストーリーであったりというのが大好きで、
ハマってしまう人も当然いるわけです。

この分析が「逃げ恥」に適切かどうかは
正直わかりませんが、世間には確実に

「不器用でウブな男がおそるおそる恋愛をする話」

が好きな人たちっていうのがいるんですよね。

そういうテーマのドラマや映画って、
定期的に流行りますから。

てことは、テレビ局としては定期的に
こういう話を作品化すればヒットが見込める。

今回は、いま勢いに乗っている
俳優を使えたのも良かったでしょうね。

それによって作品にも勢いが出ます。

そういう表面的な分析はさておき、
今回最も注目すべきはエンディングの
通称「恋ダンス」かなと思います。

あのダンス、本編とは全く関係がないにも
関わらず、みんなが楽しみにしていましたよね。

関係がないとは言っても、
本編に出演している俳優たちによるもの
ですから、その意味ではもちろん
関係があります。

ちなみに恋ダンスについては
YouTubeで確認してみましたが、
やはりその魅力はよくわかりませんでした…。

「プレゼント」という戦術

さて、構造的に考えるとこれって
「プレゼント」「ご褒美」なんですよね。

「最後まで観てくれたあなたにだけ、見せちゃいます!」

ってことです。

これを毎回やることで、ドラマそのものの
注目度を高く保ったまま終われる。

セミナーなんかに使えるテクニックですね。

さらに上手いのは、最終回を前にした回で、
今まで登場していなかった人物を「恋ダンス」
に登場させたことですね。
(急に安住アナに踊らせて注目を集めました)

これでさらに話題性を高め、
同時に最終回への期待をも高めました。

「プレゼント」も毎回同じだと
みんな飽きてしまいます。

「どうせいつものアレでしょ」
ってなりますからね。

今や焼肉屋でミント系のガムをもらっても
たいした驚きはありません。

でも、たまにガムじゃない何かをくれたら…?

ちょっとだけ記憶にフックをかけることが
できるかもしれませんね。

「他ではもらえないプレゼント」という戦術。
あなたのビジネスにも取り入れられませんか?

考えてみてください!

P.S.

だからって、
あなたが行うビジネスセミナーの最後に
「講師自身が踊ってみせる」
のは考えものです。

もし踊るなら、

・それは本編と関係あるのか?
・聴衆が観て価値のあるものなのか?

という点はちゃんと考えてから踊るべきです。

ピックアップ記事

  1. Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  2. 異業種交流会の活用法①
  3. 最適なブログ記事の文字数と更新回数は?
  4. 見込み客のリストはどれくらい集めるべきか
  5. インターネットを使えば売れないものも売れる?

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    一つのメッセージを明確に伝える

    マーケティングの大型セミナーにて…今回は新たなことを学ぶ・…

  2. マーケティングのヒント

    異業種交流会の活用法②

    異業種交流会を成果につなげる方法、というお話の第2弾をお伝えしまし…

  3. マーケティングのヒント

    お客が来なくなった…さあ、どうする?

    先日、日本一の高さを誇る観覧車に乗ってきました。値段じゃないで…

  4. マーケティングのヒント

    好奇心のスキマ理論と上手い対処法

    私は元来、興味のあることについては勉強するのが大好きなタチです。…

  5. マーケティングのヒント

    品薄商法に学ぶマーケティング

    『コイケヤプライドポテト』って食べたことありますか?どうも…

  6. マーケティングのヒント

    文章を書くのが苦手なあなたへ

    あなたは、文章を書くのは得意ですか?「苦手!」と答える人は実に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. ブログマーケティング

    Googleキーワードプランナーの使い方
  2. ブログマーケティング

    ブログのテーマは「絞り込み」が重要
  3. マーケティングのヒント

    お客は、あなたの商品には興味がない
  4. マーケティングのヒント

    実際に「会う」ことの重要性
  5. マーケティングの基本

    インターネットで売るときの「壁」を乗り越えるには
PAGE TOP