マーケティングのヒント

流行りに学ぶマーケティング

あなたは流行には敏感ですか?

マーケティングって、
基礎的な部分は変わらないですし、
本質は大事にしないといけません。

しかし「なぜ流行っているか」
を考えることは、

「人々の(特に、あなたのお客さんの)
心には何が響くのか」

を考えることにつながるので、
流行をチェックすることは非常に重要です。

あなたのターゲットとなる層がハマるような
ものであればとりわけ大事ですが、
そうでないものにもなんらかのヒントが潜んでいます。

というわけで、これから流行を分析して
マーケティングに役立てるシリーズを
毎週書いていこうかなと思っています。

さて、そもそも流行と言っても
マーケティング的には2つの側面から
考えなければなりません。

ひとつは、世間の耳目を集めるための、
つまり目立つための流行です。

流行というよりは「話題になっている」
と言い換えたほうが正しいですね。

必ずしもみんなに好かれているわけではない、
場合によっては不快感を引き起こすような
ものでも、みんなの間で話題になれば流行です。

「流行語」などというのはこちらに近いですね。

もうひとつは、それを好きになる人が
多いから「流行る」というものです。

自社サービスや自店舗であればやはり、
後者のように良い意味でみんなの
話題になりたいのが普通でしょう。

しかし、敢えて前者のように「悪目立ち」
することで、
尖った存在として世間に認知してもらい、

強く共感してくれる人だけを
お客さんにしていくという方法もあります。

小企業や個人でビジネスをしている人
であれば、これは大きな武器になります。

世間で好かれているものは、
どうして好かれているのか?

世間で叩かれ、あるいは
眉をひそめられているものは
どうして注目を集めているのか?

どちらも、自分のビジネスに
活かすことが可能です。

あなたが今注目している流行は、なんですか?

それが流行っている理由は、
あなたのビジネスにどう活かせますか?

ピックアップ記事

  1. 忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ
  2. 事例を集める前に集客の仕組み化が必要
  3. オファー以前の雑な売り込みを受けた件
  4. 成功には理由がある〜仕組みと仕掛け〜
  5. 集客のためのブログ記事キーワードの選び方

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス

    「営業」つまり「売る」ことって、難しいですよね?「簡単だ」「楽…

  2. マーケティングのヒント

    好奇心のスキマ理論と上手い対処法

    私は元来、興味のあることについては勉強するのが大好きなタチです。…

  3. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

  4. マーケティングのヒント

    異業種交流会の活用法②

    異業種交流会を成果につなげる方法、というお話の第2弾をお伝えしまし…

  5. マーケティングのヒント

    ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?

    早くも、5月の半ばです。最近「暑いですね」って会う人みんな…

  6. マーケティングのヒント

    遠くに行くことは、ある種の魔法である

    最近、部屋にこもってずーっとPCを叩き続ける毎日だったので、ちょっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    遠くに行くことは、ある種の魔法である
  2. ブログマーケティング

    ブログ記事は要点を1つだけに絞る
  3. マーケティングのヒント

    忙しいのに儲からない、その最大の原因
  4. マーケティングのヒント

    業界の不都合な真実を利用したマーケティング
  5. ブログマーケティング

    集客のためのブログ記事キーワードの選び方
PAGE TOP