マーケティングのヒント

流行りに学ぶマーケティング

あなたは流行には敏感ですか?

マーケティングって、
基礎的な部分は変わらないですし、
本質は大事にしないといけません。

しかし「なぜ流行っているか」
を考えることは、

「人々の(特に、あなたのお客さんの)
心には何が響くのか」

を考えることにつながるので、
流行をチェックすることは非常に重要です。

あなたのターゲットとなる層がハマるような
ものであればとりわけ大事ですが、
そうでないものにもなんらかのヒントが潜んでいます。

というわけで、これから流行を分析して
マーケティングに役立てるシリーズを
毎週書いていこうかなと思っています。

さて、そもそも流行と言っても
マーケティング的には2つの側面から
考えなければなりません。

ひとつは、世間の耳目を集めるための、
つまり目立つための流行です。

流行というよりは「話題になっている」
と言い換えたほうが正しいですね。

必ずしもみんなに好かれているわけではない、
場合によっては不快感を引き起こすような
ものでも、みんなの間で話題になれば流行です。

「流行語」などというのはこちらに近いですね。

もうひとつは、それを好きになる人が
多いから「流行る」というものです。

自社サービスや自店舗であればやはり、
後者のように良い意味でみんなの
話題になりたいのが普通でしょう。

しかし、敢えて前者のように「悪目立ち」
することで、
尖った存在として世間に認知してもらい、

強く共感してくれる人だけを
お客さんにしていくという方法もあります。

小企業や個人でビジネスをしている人
であれば、これは大きな武器になります。

世間で好かれているものは、
どうして好かれているのか?

世間で叩かれ、あるいは
眉をひそめられているものは
どうして注目を集めているのか?

どちらも、自分のビジネスに
活かすことが可能です。

あなたが今注目している流行は、なんですか?

それが流行っている理由は、
あなたのビジネスにどう活かせますか?

ピックアップ記事

  1. Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  2. 対人コミュニケーションスキルも重要
  3. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  4. 忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ
  5. デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    「地域密着型の社長」が地方都市の衰退を引き起こす

    私は仕事柄というのもありますが、出張が多いです。割と日本全…

  2. マーケティングのヒント

    経営者は「やらないこと」を決める

    事業をやっていると、やるべきことがどんどん増えていきます。…

  3. マーケティングのヒント

    その説明、足りてる?

    出張先にて…今回2泊した宿で起こったことなんですが…。…

  4. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  5. SNS・動画マーケティング

    SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

    前記事「SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと」の続き…

  6. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?
  2. マーケティングのヒント

    あっと驚く集客法の探し方
  3. マーケティングのヒント

    流行りに学ぶマーケティング
  4. マーケティングの基本

    ネット集客はメルマガから始める
  5. マーケティングのヒント

    「伝え方」以前に「伝えていない」という問題
PAGE TOP