マーケティングのヒント

好奇心のスキマ理論と上手い対処法

私は元来、興味のあることについては
勉強するのが大好きなタチです。

それだけに自戒を込めてあなたにも
紹介したい理論があります。

それが、「好奇心のスキマ理論」

いろんなノウハウについて学ぶことは
どんな仕事でも重要なのですが、

学ぶだけでなく実践することがそれ以上に
重要なのは言うまでもないですよね。

でも、勉強って、すればするほど
「まだまだだなぁ」
って思いませんか?

知れば知るほど、自分がいかに知らないかを
突きつけられる。

それが「知識」というものだと思います。

だから、いつまでも学び続けていて
なかなか実践に移せない。

世間ではそういうワナに陥った起業家の
ことを「ノウハウコレクター」と言います。

1年経っても3年経っても「起業準備中」
みたいな人がまさにこれですね。

あなたも覚えがあるかもしれませんが、
私もあります。

たとえば、あなたがアメリカの50州の名前を
全て覚えようと思ったとします。

頑張って覚えて、47までは覚えた。

となると、あと3つをどうしても思い出したい
と思いますよね?

この「知識の穴を埋めたい」と思うのが
「好奇心のスキマ」です。

逆にもし3州くらいしか言えなかったとしたら、
残りの47州を知りたいとは、それほど強くは
思わないですよね。

さて、無事に50州すべて覚えたとします。

そうすると、また新たなスキマが
生まれてしまいます。

たとえば次は、50州それぞれの州都は
どこなのか?

カリフォルニア州の州都はサクラメント
だけど、もっと有名なロサンゼルスや
サンフランシスコもあるわけです。

となると、州都ではないけど著名な都市は
どこなのか?

などという感じで、どんどん新しい知識の
スキマが生まれていってしまいます。

ビジネスでこういう状態が起きたときは、
知識のスキマを埋めたい欲求にかられている
だけなんだ、ということを思い出しましょう。

まずはいま自分の持っている知識で
できることを、確実にできるようになる、
実践してみることを優先しましょう。

その先のことは趣味のように取り入れようと
思えば、ノウハウコレクター化することなく
気楽にいけるはずです。

ピックアップ記事

  1. ヒトで売るセールスvs.モノを売るセールス
  2. アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!
  3. “松竹梅の法則”+「言ってみる」+アフターフォロー
  4. ゴールデンウィークに考えるマーケティング
  5. USPの本当の意味とは何か?

関連記事

  1. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  2. マーケティングのヒント

    インプットとアウトプットはワンセット

    事業主であれば、特に人に何かを教える仕事をしている人は、大量のイン…

  3. SNS・動画マーケティング

    SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

    前記事「SNS集客でまず考えるべきたった1つのこと」の続き…

  4. マーケティングのヒント

    流行りに学ぶマーケティング

    あなたは流行には敏感ですか?マーケティングって、基礎的な部…

  5. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ

    私は個人的に、移動が苦にならないタイプなので、出張が多い仕事は向い…

  6. SNS・動画マーケティング

    SNSで「集客」の正しい考え方

    前記事「SNSで「認知度アップ」の正しい考え方」の続き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    あなたのいらない“仕事”を奪い取ります
  2. マーケティングのヒント

    エレベーターピッチの作り方
  3. ブログマーケティング

    集客用ブログシステムの選び方
  4. マーケティングのヒント

    忘れられるくらいなら嫌われたほうがマシ
  5. マーケティングのヒント

    環境が違えば出る成果が変わる
PAGE TOP