マーケティングの基本

デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思う方がいらっしゃいます。
しかし、Webサイトのデザインは、集客・売上へはそれほど大きく影響しません

実際に、お世辞にもきれいとはいえないデザインのWebサイトでも、しっかり売上を上げている会社はたくさんあります。
お客さんのニーズにちゃんと応えているからですね。

それとは逆に、最新の技術を駆使して、見た目はカッコいいデザインのWebサイトを作り上げても、実際には売上に全くつながっていない会社もあります。

お客さんがWebサイトを見る目的は何か

このことは、お客さんがあなたの会社のWebサイトに、どのような理由で訪れているのかを考えるとわかります。

お客さんがWebサイトに訪れるのは、多くの場合、何か困ったことや解決したいことがある時です。

その場合にお客さんが興味を持つのは、あなたの事業がどんなことをしてくれるか、ということです。

お客さんは、あなたの事業内容を見て、他のサービスと比べてメリットがあると判断した場合に注文や問い合わせをくれます。

ですから結局のところ、いちばん大切なのはデザインよりも内容です。

見た目がどんなにカッコいいデザインだったとしても、必要な情報を見てもらえない、見つけづらいということでは全く意味がありません。

デザインが綺麗であることは、差別化の要素の一つでしかありません。
売上を上げることが目的ならば、デザインは二の次で構わないのです。

Webサイトに取り入れるべきデザインとは

とはいえ、必要最小限のデザインは必要ですが、それは「必要な情報がどこにあるかがわかりやすいデザイン」ということになります。

さらに言えば、少なくともマイナスの印象を与えないデザインである必要もあります。
レイアウトや配色を間違えると、途端にうさんくさい雰囲気のWebサイトになってしまうことがあります。

お客さんに見てもらうためにも、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • どこに何が書いてあるのかがわかりやすいこと
  • レイアウトが崩れていないこと
  • 背景色が白、もしくは白に近い色であるか
  • 配色が多くなりすぎていないか
  • 無駄なリンクがないか
  • 重たくて読み込みが遅い画像や動画がないか

良いWebサイトは、シンプルでわかりやすいものです。
自己満足のWebサイトにしてしまうのではなく、見てくれるお客さんのことを第一に考えてデザインするようにしましょう。

ここを読んでいるあなたが求めているWebサイトは、趣味で作るホームページではなく、「売上につながるWebサイト」であるはずです。

ピックアップ記事

  1. あなたの商品は、お客の何を解決するのか
  2. 機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性
  3. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て
  4. 対人コミュニケーションスキルも重要
  5. エレベーターピッチの作り方

関連記事

  1. マーケティングの基本

    Webページで成約率アップするには?

    「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」が…

  2. マーケティングの基本

    小さな会社の戦い方は「一点集中型」!

    商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよ…

  3. マーケティングの基本

    集客したい”理想のお客さん”を決める方法

    ブログ集客では「テーマを一つに決める」ということが大切です。あ…

  4. マーケティングの基本

    Webサイト制作のポイント〜専門用語をできるだけ排除する〜

    あなたの会社のWebサイトを見てくれた人には、あなたがその分野での専門…

  5. マーケティングの基本

    インターネットを使えば売れないものも売れる?

    「Webサイトで集客して売上が**%アップ!」 「ネットショップを…

  6. マーケティングの基本

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

    マーケティング用語で「見込み客」という言葉があります。「あなた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    セルフイメージを変えるには
  2. マーケティングの基本

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか
  3. ブログマーケティング

    最適なブログ記事の文字数と更新回数は?
  4. マーケティングの基本

    インターネットにも広告費をかけていますか?
  5. マーケティングのヒント

    「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP