マーケティングの基本

見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

マーケティング用語で「見込み客」という言葉があります。

「あなたのサービスに興味があり、将来買ってくれる”見込み”があるお客さん」
という意味です。

そんな人がたくさんいたら、あなたのビジネスも安定しますよね。

さて、この見込み客のリストはどれくらい集めたらよいでしょうか?

ブログに来てくれた人にメールアドレスを登録してもらうことで、見込み客になるわけですが、どれくらい集めるのを目標としたらよいでしょうか?

少し考えてみてください。

何万件ものリストが必要だと思いますか?

インターネットで集客をする場合、すごい数のリストを集めなければならない、といったイメージを持っている方がいます。

「何万件が必要!」と言う方もいます。
私は実際に「メルマガ2万件登録あります」と言って自慢している人にお会いしたこともあります。

おそらく、大企業がやっているように広告費をガンガンかけたWebマーケティングをイメージされているのだと思います。

ですが、それは資本のある会社だからできるやり方です。

小規模な事業者がそれを真似していたら、すぐに資金がなくなってしまいますから、危険です。

リストは少なくても大丈夫

中小企業のWebマーケティングは、あなたやあなたのビジネスのことを、理解してくれるお客さんのみを相手にするべきです。

というわけで、見込み客のリストの数はだいたい、1000件もあれば十分です。

ビジネスによっては、100件でも大丈夫という場合もあります。

それくらいの数なら、集められそうな気がしますよね?

まずは100件、集めることを目標にしましょう。

リストを集めるときは初めから厳選すること

リストが少ない数でいいということは、サービスを買ってくれない人のリストはいらない、ということです。

ですので、リストを集めるときは、初めからある程度は絞って集めるべきです。
広告を出しまくって、どんなのでもいいからメールアドレスを手に入れる、という方法はやるべきではありません。

メールアドレスのリストを売る業者などというのもありますが、こちらも絶対に購入すべきではありません。

まず、あなたのブログ記事や動画など、出しているコンテンツを見つけてもらいましょう。

そして、あなたやあなたのビジネスに共感してくれる人だけがメールアドレスを残してくれるようにしましょう。

そのようにすれば、少ない予算で将来の売上につながる見込み客を集めることができるようになります。

インターネット広告も出すべき

インターネット広告をとにかくバンバン出して露出すべきではありませんが、広告自体は出すべきです。

しかしどの媒体に広告を出すのか、あるいはどのキーワードで出すのかを厳選して、検証・改善を行い、できるだけ不要なリストは取らないようにしましょう。

少なくても、深く付き合える。
そんなリストを集めていけたら理想的ですね。

ピックアップ記事

  1. 少ない予算で集客するならSNS!
  2. 価格を上げるヒント〜需要と供給のバランス〜
  3. あなたのビジネスは真の価値が伝わっているか
  4. ビジネスが注目を集めるために必要なこととは?
  5. お客が来なくなった…さあ、どうする?

関連記事

  1. マーケティングの基本

    デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  2. マーケティングの基本

    Webページで成約率アップするには?

    「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」が…

  3. マーケティングの基本

    アクセスアップ=売上アップ?

    自社のWebサイトを作った場合、まずアクセスを集めることを考えると思い…

  4. マーケティングの基本

    集客したい”理想のお客さん”を決める方法

    ブログ集客では「テーマを一つに決める」ということが大切です。あ…

  5. マーケティングのヒント

    基本を押さえてこそマーケティングは有効

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    お客は、あなたの商品には興味がない
  2. マーケティングのヒント

    高層ビル理論に学ぶあなたのビジネスの価値
  3. マーケティングのヒント

    失礼な名刺交換、してない? Part.2
  4. SNS・動画マーケティング

    SNSで「認知度アップ」の正しい考え方
  5. マーケティングのヒント

    葬儀屋のマーケティング
PAGE TOP