マーケティングの基本

Webページで成約率アップするには?

「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」があります。
その一つが、クリックの回数です。

お客さんがあなたのWebサイトを訪れたとき、クリックをしてくれる回数は何回くらいだと思いますか?

実は、平均して3クリック程度しかないのが現実です。

ですから、お客さんが見たいページにトップページから多くても3クリック以内、できれば2クリック以内にたどり付かなければ、そのWebサイトを閉じてしまいます。

しかも、1クリックごとにお客さんの購買意欲がどんどん下がっていきます

Amazonなど大手通販サイトでの購入経験があなたもあると思いますが、最近は1クリックで購入できるようになってきていますよね。
それも、こういう理由があるからです。
何かを申し込もうと思ったけど、あまりにページ遷移が多かったり、入力欄が多すぎたりして結局めんどうくさくなってやめてしまった、という経験を持つ方も少なくないでしょう。

「売れる」Webサイトにするためには、クリック数をできる限り少なくすることが大切です。

「売れる」Webサイトは1ページ1ゴール

Webサイトの成約率を高めるために効果的なのは、「1ページ1ゴール」にすることです。

たとえば、商品を買うことを決定するまでに必要な情報としては、

  • 商品の説明
  • 商品の実績
  • 商品の価格
  • お客様の声
  • 保証

などがありますが、
これらを全て入れた縦長の1ページを作ります。

そのページにあるボタンはページの一番下にある「購入する」のボタンのみとします。

これが1ページ1ゴールです。

とにかく見ている人の気をそらさないよう、無駄なページヘのリンクをすべてなくしてしまいましょう
ブログのサイドバーなどはないほうが良いわけです。
このように、1ページ1ゴールにするだけでも成約率はアップします。

縦に長いと読みづらくないか、と気にする方もいますが、大丈夫です。

いろんなページに飛んで情報を拾わなければならないよりはよっぽどストレスなく見ることができます。

あなたももしかすると、縦長のページを読み進めていって、気がついたら買っていたということがあるかもしれませんね。
読み手の立場に立ってみても、それほど気になることではないということがわかると思います。

あなたの会社のWebサイトには無駄なリンクがないでしょうか?

まずは無駄なリンクを全てなくして、1ページ1ゴールに近づけられるようにしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選
  2. 自腹を切って「学び」に投資する
  3. 事例を集める前に集客の仕組み化が必要
  4. ビジネスの「仕組み化」を考えるとき
  5. 「逃げ恥」に学ぶマーケティング

関連記事

  1. マーケティングの基本

    お客さんとの関係づくりこそが最優先

    お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗…

  2. マーケティングの基本

    インターネットで売るときの「壁」を乗り越えるには

    前回、もともと売れる商品ならインターネットを活用することで売れるように…

  3. マーケティングの基本

    顧客教育のためのステップメール活用法

    Web集客で成功したいなら、「顧客教育」が必ず必要です。顧客教…

  4. マーケティングの基本

    デザインの美しいWebサイトは本当に必要?

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  5. マーケティングの基本

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント

    Webサイトを制作する場合、制作会社に依頼することがほとんどだと思いま…

  6. マーケティングの基本

    アクセスアップ=売上アップ?

    自社のWebサイトを作った場合、まずアクセスを集めることを考えると思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングの基本

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか
  2. マーケティングのヒント

    エレベーターピッチの作り方
  3. マーケティングのヒント

    あっと驚く集客法の探し方
  4. マーケティングのヒント

    事例を集める前に集客の仕組み化が必要
  5. マーケティングのヒント

    「地域密着型の社長」が地方都市の衰退を引き起こす
PAGE TOP