ブログマーケティング

ブログ記事は要点を1つだけに絞る

ブログ記事を書くときの注意として、「1ページ1ゴール」ということを意識しましょう。

ブログ記事を書くときに伝えたいことを全て書こうとすると、いろいろな話を入れたくなってしまいます。

関連する話や雑談などを入れていくと、記事がどんどん長くなってしまいがちです。

 

しかしこれは、ビジネスでブログを使う上では避けるべきことです。

なぜなら、

書く側にとってはどの話も関連のある話なのですが、読む側にとっては必ずしもそうではありません。
どの情報が本当に求められているのかというところを意識するべきです。

むしろ読む側にとっては、タイトルに書かれた要点を知りたいと言う欲求がいちばん強いわけです。

記事で伝える事は1つだけにする

これが基本となります。

要点を絞ってSEO対策

記事内の要素が1つだけであれば、文章も短くてすみます。

これは読む側にとっても読みやすいですし、書く側にとっても楽に書けるということになります。

つまり、両方にとって良い記事ができあがります。

 

記事の要点が絞られていることによって、SEO効果も高めることができます

記事の内容やキーワードが明確に絞られていると、専門性が高いコンテンツとしてGoogleなどの検索エンジンから評価が高くなります。

伝える要素が1つですから、当然タイトルもそのものズバリを指すようにつけることができます。

そのようにしてページを見てもらえる可能性を高めていきます。

 

要点が多くなりがちな時は、記事を書く上でどうしてもいくつもの話を盛り込む必要がある場合が出てきます。

伝えたい要点が複数出てくると言うこともあります。

そういう場合は、記事を複数に分割しましょう。

  • 伝えたい要素ごとに違う記事にする
  • 話が変わるタイムタイミングで記事を分割する

というように記事を分けることができます。

 

記事が増えればサイト内の記事の分量が増え、検索に引っかかりやすくなるという効果もあります。

それらをアップするタイミングをずらせば、更新頻度が高いサイトであるということで、検索エンジンからの評価が高まります。

この場合、別の日の同じ時刻にアップするようにするとさらに効果的です。

 

伝えたいことがたくさんあるとだらだら記事を長く書いてしまいがちです。

記事を書いてる途中で長くなってしまったら、それを複数の記事に分けることを考えてみましょう。

記事が長いということそのものには価値はありません。
知りたいことが素早く的確にわかったほうが良いわけです。

1つの記事で伝えることは1つに絞り、1ページ1ゴールを意識して
読みやすく、SEO効果の高い記事を書くようにしましょう!

ピックアップ記事

  1. 文章を書くのが苦手なあなたへ
  2. 「伝え方」以前に「伝えていない」という問題
  3. Webページで成約率アップするには?
  4. 成果につながる行動計画の立て方
  5. お客が来なくなった…さあ、どうする?

関連記事

  1. ブログマーケティング

    ブログのテーマは「絞り込み」が重要

    ブログによる集客を考える場合、テーマ設定が非常に大事な要素となってきま…

  2. ブログマーケティング

    Google Analyticsでチェックすべき項目5つ

    あなたはブログ集客を成功させたいと思っていますか?ブログ集客を…

  3. ブログマーケティング

    集客用ブログシステムの選び方

    Web集客の最も基本となるのが、ブログ記事を書くことです。ブロ…

  4. ブログマーケティング

    Googleキーワードプランナーの使い方

    ブログ記事を書く時に大切なのは、タイトルや記事本文に検索されるキーワー…

  5. ブログマーケティング

    集客のためのブログ記事キーワードの選び方

    ブログ記事を書く目的は、Webの検索で見つけてもらうためです。その…

  6. ブログマーケティング

    ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    あなたが書いたブログ記事を読んでもらえるかどうかは、タイトルで決まりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MAIL MAGAZINE

LINE

友だち追加

  1. マーケティングのヒント

    品薄商法に学ぶマーケティング
  2. マーケティングのヒント

    対人コミュニケーションスキルも重要
  3. マーケティングのヒント

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件
  4. マーケティングの基本

    Webサイトの活用法〜サービス提供者の顔写真を載せよう〜
  5. マーケティングのヒント

    「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP